残ったおでんだしで和風ラーメンに おでんだしのあんかけラーメン

豚ばらとごま油でパンチを加味

 当店は、おでんと地酒がメーンの居酒屋ですので、おでんは年中提供しています。だしは毎日仕込みますので、閉店後に残っただしを活用して、まかないラーメンをよく作っています。今回紹介する「おでんだしのあんかけラーメン」は、カツオと昆布のだしと、煮込まれたさまざまな具材のうま味が利いた、当店ならではのまかない和風ラーメンです。
スープは、もちろんおでんだしですが、それだけではパンチが足りないので、豚ばら薄切り肉を入れてコクをプラス。さらにごま油を足して香りを演出します。トッピングには、おでんで残った具材を使いますので、厚揚げだったり、卵だったり、その日により異なります。また、あんかけにすることでスープが麺に絡みやすくなり、体も温まりますので冬場にはうってつけです。
まかないは、店それぞれで作り方が違うと思いますが、包丁の使い方を学ぶ場でもあります。当店のまかないは、残っている食材やお客さまに提供できない端材を活用した〝早い・安い・うまい〞がベース。スタッフが自分の経験を生かして勉強、あるいは創作する機会と位置付けています。

Jm3CJQ7C

おでん具材のうま味を凝縮

居酒屋万(ばん)JR西宮店
おでんだしのあんかけラーメン
〝早い・安い・うまい〟を実践

[レシピ]

■材料
残ったおでんだし、豚ばら薄切り肉、残ったおでん具材、青ネギ、おろしショウガ、淡口醤油、ごま油、片栗粉、中華麺(棒状乾麺)

■作り方
(1)残ったおでんだしに豚ばら肉を入れて煮る
(2)豚ばら肉を取り出し、淡口醤油とごま油少々を入れて味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける
(3)中華麺をゆでで器に盛り、(2)のスープを加え、取り出しておいた豚ばら肉、残ったおでん具材をトッピングする
(4)青ネギ、おろしショウガを添える。


4JY96XLm

居酒屋万(ばん)JR 西宮店
所在地=兵庫県西宮市池田町11-1 フレンテ西宮1F
居酒屋万(ばん)JR西宮店
常盤 向司(ときわ・ひさし)店長

1982年兵庫県生まれ。高校卒業後、京都の懐石料理店で9年間修業。祇園の割烹料理店、和酒バーで酒の知識を学び、2014年「万」入社。15年2月「居酒屋万JR西宮店」店長に就任。

adminレシピ残ったおでんだしで和風ラーメンに おでんだしのあんかけラーメン 豚ばらとごま油でパンチを加味  当店は、おでんと地酒がメーンの居酒屋ですので、おでんは年中提供しています。だしは毎日仕込みますので、閉店後に残っただしを活用して、まかないラーメンをよく作っています。今回紹介する「おでんだしのあんかけラーメン」は、カツオと昆布のだしと、煮込まれたさまざまな具材のうま味が利いた、当店ならではのまかない和風ラーメンです。 スープは、もちろんおでんだしですが、それだけではパンチが足りないので、豚ばら薄切り肉を入れてコクをプラス。さらにごま油を足して香りを演出します。トッピングには、おでんで残った具材を使いますので、厚揚げだったり、卵だったり、その日により異なります。また、あんかけにすることでスープが麺に絡みやすくなり、体も温まりますので冬場にはうってつけです。 まかないは、店それぞれで作り方が違うと思いますが、包丁の使い方を学ぶ場でもあります。当店のまかないは、残っている食材やお客さまに提供できない端材を活用した〝早い・安い・うまい〞がベース。スタッフが自分の経験を生かして勉強、あるいは創作する機会と位置付けています。 おでん具材のうま味を凝縮 居酒屋万(ばん)JR西宮店あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!